ホーム »大山のこだわり

大山のこだわり

木材へのこだわり

当社が在るこの青森県は全国屈指の森林資源を持ち、青森ヒバに代表される良質な木材を産出しています。かつては当たり前であった地産地消による家造り、つまりは地場の木材で家を造ること、大山の家はそこにこだわります。現在では安価な外材の流通や集成材の普及などにより、機械加工された製品としての木材で造られるものが殆ど。大山の家は、敢えて手間を惜しまず、山で丸太を見つけ、それを大工が墨を付け、その家のためだけの部材としてきざみます。大山の家は、山と住まい手を繋ぎます。

架構へのこだわり

家には、住む人の熱い思いが込められています。だからこそ見えない部分にも心を配りたい・・・。
木造在来軸組構法は柱と梁で垂直荷重を負担します。日本建築はその強靭な梁の架構も特徴のひとつ。その強靭な架構は美しいもの、意匠として見せるものは勿論ですが、見えない梁にも心通わせます。
大山の家は材料を吟味し、卓越した職人の技で一軒一軒を大切に仕上げていきます。

職人へのこだわり

大山の家は、自社の大工で造ります。墨付けからきざみ、建て方そして造作、これらは一貫して、自社の大工が責任を持ってあたります。数奇屋建築をこなすその大工の技量、丸太を扱う丸太仕事から、精緻な造作工事まで。自社で大工を育てているからこそ可能な仕事、大山の家の真髄は、ここにあります。

素材へのこだわり

家は木ばかりでは成り立ちません、様々な材料の集合体です。大山の家は、その素材にもこだわります。
木は自然なもの、これは当然ですが、それ以外の材料にも自然素材を求めます。石・珪藻土・紙・・・言わずとも日本人が育んできた生活そのものの中にあったものです。シックハウス症候群など、新建材に含まれる薬品によるアレルギー反応があからさまになり、自然素材が見直される結果となりました。大山の家は創業当事より自然素材にこだわり、今もなお使い続けています。

断熱へのこだわり

高気密高断熱、寒冷地の住宅では当たり前のように思われます。計画換気のための気密化、密実な断熱層の形成、北国の住まいの永遠のテーマとも言えます。スラブヒーターと吹付け断熱の採用により、高気密と高断熱化の両立。そして壁内側の通気層確保により、床面と壁面そして天井面が、ほぼ同じ温度となる独自の工法の開発(Oasis)。低温輻射熱暖房による温度差のない空間の実現です。しかし、これに満足する事なく、大山の家は今なお研究を継続し最善の手法を探求しています。

断熱へのこだわり

大山の家は自社の設計部門が、お客様の多様なご要望にお応えするプランを提案します。木造建築は部屋をならべるだけではありません。平面計画の中に立体での構造を描き、室レイアウトしながらも耐力を確保する。そこには意匠性も加味されなければなりません。そして現在を満足させるだけでなく、10年後、20年後の生活も満足させねばならないものです。設計者のお仕着せでもいけません。大山の家は「共に造る」この事へ、こだわり続けます。